入浴にはうつを回復させる力がある。

f:id:Masao3:20210216223359j:plain

 

入浴にはうつを回復させる力があります。

本記事は入浴が持つポテンシャルについてご紹介します。

 

 

1.うつ患者は自律神経が乱れている

うつっぽさを感じている人は自律神経が乱れているケースが多いです。

自律神経とは自分の意志でコントロールできない神経です。

例えば、心臓の鼓動や胃腸の動きは自律神経によってコントロールされています。

自律神経の中には次の2つの神経が存在します。

1つ目は興奮・緊張・ストレスなど人体を活性化させる交感神経

2つ目は休息・リラックス・快復など人体を落ち着かせる副交感神経

 

この2つの神経がうまくバランスしているとき、自律神経が整うと言います。

 

ところが、うつ患者は興奮・緊張・ストレスを司る交感神経が優位となっており、自律神経が乱れているケースが多いのです。

交感神経が優位となると、心身共に不安や恐怖を感じやすくなってしまいます。 

 

2.入浴は自律神経を整える

入浴は自律神経を整えます。

 

その理由は、入浴がもたらすリラックス効果です。

湯船につかると交感神経が鎮まり、副交感神経が優位となります。

つまり、心身がリラックスして休息モードに切り替わるのです。

 

ストレス社会と呼ばれる現代では、どうしても交感神経が優位になりがちです。

だからこそ、心身がリラックスして休息モードとなる入浴は貴重な存在なのです。

 

3.入浴は睡眠の質を高める

入浴は自律神経を整えるだけでなく、睡眠の質も高めます。

 

というのも、睡眠前にリラックスすることがスムーズな入眠の鍵なのです。

入浴は心身の緊張を鎮め、リラックスさせます。

つまり、睡眠前に入浴してリラックスすることは、良質な睡眠につながるのです。

 

良質な睡眠は、心身を回復させ、あなたの健康レベルを底上げしてくれます。

 

4.入浴のコツ

入浴には素晴らしい健康効果がありますが、その効果を得るためにはコツがあります。

それは以下の2つです。

 

シャワーで済ませず湯船につかる

入浴はシャワーで済ませず、湯船につかるようにしてください。

湯船につかることによって、緊張がゆるみ、血行が促進され、自律神経が整います。

 

湯船の温度は40℃程度

41℃以上になると、交感神経が優位となってしまい、リラックス効果が得られません。

湯船の温度は40℃程度としてください。

 

5.入浴の効果を高めるアイテム

ズバリ、エプソムソルト です。

エプソムソルトとはマグネシウム系の入浴剤です。

マグネシウムは皮膚からの摂取が可能なミネラルで、交感神経を鎮めて副交感神経を優位にします。

エプソムソルトを使うことで、入浴の自律神経を整える効果がさらに高まります。

エプソムソルトについて詳しく知りたい場合、こちらの記事を参照ください。

 

masao3.hatenablog.com

 

↓エプソムソルトの公式Webページはこちら↓