ココアの凄まじい健康効果。ココアを飲まないのは損かもしれない。

f:id:Masao3:20210222213536j:plain

 

ココアは凄まじい健康効果を持つスーパードリンクですが、あまり認知されていないように思います。 

本記事では、ココアが持つ凄まじい健康効果ついてご紹介します。

 

 

1.ココアの健康効果

腸内環境の改善

ココアは腸内環境を改善します。

その理由は、豊富に含まれる食物繊維。

ココアに含まれる食物繊維量は青汁といい勝負。

食物繊維は便通を改善したり、善玉菌のエサとなったりと、腸を健康に保つために必要な存在です。

食物繊維が豊富なココアは、腸内環境の改善にもってこいのドリンクです。

 

傷の治りを早くする

ココアは傷の治りを早くします。

その理由は、豊富に含まれる亜鉛。 

亜鉛は皮膚や粘膜、爪などを再生する際に必要な栄養素です。

ところが、亜鉛はストレスや飲酒、糖質摂取などで消耗されやすい栄養素でもあります。

さらに、加工食品には亜鉛が少ないこともあって、現代人の多くが亜鉛不足です。

ココアは、現代人に不足しがちな亜鉛を補うことのできる強い味方なのです。

 

体を温める

ココアは体を温めます。

その理由はカカオポリフェノールとテオブロミン。

この2つは血管を広げて手足の血流を増やす効果があります。

その保温効果はショウガを超えるという報告もあります。

脳機能の改善

ココアは脳機能を改善します。

その理由はカカオポリフェノールとテオブロミン。

カカオポリフェノールは脳の血流量を増やし、うつ症状を改善します。

テオブロミンは大脳皮質を刺激して、記憶力・集中力を高めます。

 

歯周病の抑制

ココアは歯周病を抑制します。

その理由はカカオポリフェノール。

カカオポリフェノールは、歯周病菌を強力に抑制します。

歯周病は30代以上の日本人だと60%以上が患っている国民病です。

歯周病は歯を失う原因だけでなく、口臭の原因にもなります。

カカオポリフェノールが豊富なココアは歯周病菌を強力に抑制し、口内環境を健康に保ちます。

 

 

2.ココアを飲む際の注意点

凄まじい健康効果を持つココアですが、飲む際の注意点があります。

それは砂糖を入れないことです。

 

甘さが魅力の砂糖ですが、健康という視点で見るとデメリットが多いです。

砂糖のデメリットは以下の3つ。

 

1つ目は腸内環境を悪化させる点です。

腸に住む悪玉菌の一種、カンジダ菌は砂糖が大好物です。

砂糖を摂るとカンジダ菌が勢いづき、腸内環境が悪化してしまいます。

 

2つ目は血糖値を急激に上昇させ、自律神経を大きく乱す点です。

自律神経の乱れは多くの不調につながります。

不調には以下が挙げられます。

  • 手足の冷え
  • うつ症状
  • 不安感・焦燥感の増大

 

3つ目は虫歯の原因となる点です。

砂糖を摂ると、虫歯菌が乳酸を生成し、口内が酸性になります。

その結果、虫歯が進行していくのです。

 

 

せっかくのココアの健康効果も、砂糖を入れると相殺されてしまいます。

ココアを飲む際は砂糖が入っていない純ココアがオススメです。

 

↓純ココアの定番はこちら↓

 

ただ、純ココアは苦いです・・・。

苦いものが好きであれば問題ないですが、人によっては無理という方もいるでしょう。

もし、どうしても甘いココアを飲みたいのであれば、ラカントという甘味料がオススメです。

ラカントの特徴は砂糖と同じ甘みを持つにもかかわらず、血糖値を全く上げない点、虫歯になりにくい点です。

ちなみに、ラカントは人為的に作られた合成甘味料とは違い、自然界にも存在する甘味料です。

ラカントの安全性に関しては、国連食糧農業機関(FAO)・世界保健機関(WHO)がいずれも極めて安全性が高いと公表していますので、安心して使用できます。

 

↓甘味料ラカントはこちら↓

 

3.究極のドリンク「バターココア」

単体で飲んでも絶大な健康効果を持つココア。

その健康効果をさらに高める飲み方があります。

それがバターココアです。

 

バターココアとは純ココアにココナッツ・ギーを加えた飲み物です。

ココナッツ・ギーとはココナッツ・オイルとバターをろ過したオイルを混ぜたものです。

ココアにココナッツ・ギーを加えることで以下2つの健康効果を上乗せできます。

 

健康効果①血糖値の安定

ココナッツ・ギーには中鎖脂肪酸が豊富に含まれており、血糖値を安定させるケトン体の原料となります。

ケトン体による血糖値安定効果は凄まじく、心身に多くの恩恵をもたらします。

その例は以下の通り。

  • スタミナの増大
  • 低血糖によるうつ症状の改善
  • 空腹感の減少による間食の抑制

ココナッツ・ギーによる血糖値安定効果について、詳しく知りたい方はこちらの記事を参照ください。

masao3.hatenablog.com

 

健康効果②腸内環境の改善

ココナッツ・ギーは腸内の悪玉菌であるカンジダ菌を抑える効果があります。

ココナッツ・ギーに含まれるカプリル酸はマイルドな静菌作用を持っています。

そのため腸にやさしくカンジダ菌を抑えてくれます。

 

4.最後に

今回はココアに秘められた健康効果についてご紹介しました。

正直言うと、訳の分からない健康食品を買うより、ココアの方がよっぽど優秀です。

コスト・効果を考えると、ココアは身近なスーパーフードとも言えます。

 

もしかすると、ココアを飲まないのは損なのかも?